非公開求人と一般求人の違い

一般求人とは、誰でも閲覧することができ、誰でも応募する事が出来る求人の事を言います。一方、非公開求人とは一般には公開されておらず、転職支援サービスへの利用登録をしている転職活動者にのみ公開され、応募資格が与えらていれる求人情報の事を言います。


求人を非公開にする理由
求人情報の一部を非公開求人としてしまう理由は、人気がある企業や医療機関からの求人情報の場合や、好条件の求人情報、求人枠の少ない求人情報などの場合、一般に公開してしまうと応募が殺到してしまったり、すぐに求人枠が埋まってしまうため、非公開として扱い、それぞれの転職支援サービスに利用登録をして転職活動を行っている利用者へ優先に紹介しているのです。また、非公開として扱うことにより、転職希望者が直接応募することはなく、転職支援サービスを間に挟むため、転職支援サービス側がある程度転職者の情報を揃えた状態で、人材を推薦する事が出来ます。つまり、企業や医療機関などの求人募集をしている求人先からすれば、転職者の情報収集や、職務経歴、どんな考えを持つ人なのかという事を調べる手間を省く事も出来るのです。


病院以外の求人はほとんど非公開
転職支援サービスへの利用登録を行うメリット、それは転職活動に関する様々なことでサポートしてくれるという事。しかし、それ以上に魅力なのが、「非公開求人を紹介してもらえる&集まった求人情報を一般公開する前に優先的に紹介してもらえる」という事が出来るでしょう。優先的に紹介してもらう事により、誰よりも早く最新の求人情報をチェックする事ができ、自分の希望する条件と一致する求人情報が見つかれば、その段階で応募する事が出来ますし、一般に公開されることもなくなります。転職支援サービスを利用するとても魅力的な特典だと思いませんか?